設計行脚設計行脚

2019.8.27

認定こども園新築。長さ6.2mで曲線の手洗い場、その素材は?(植松)

2019.8.27

Category: 認定こども園

静岡県磐田市 圓通福祉会の認定こども園を新築しています。

園舎は木造二階建て準耐火建築物で、床面積は約1200㎡です。




工事は、入札の結果、掛川市に本社を構えるコスモ建設株式会社にお願いしています。
 

プロポーザルコンペで提案したのは「子どもが毎日行きたくなる園舎、記憶に残る園舎」

そのアイデアのひとつは・・・
園庭に面した縁側廊下と、子どもたちがぐるぐる回遊できる!曲線を描く廊下。



そして、その廊下に園児用の手洗い場を設けます。

現在圓通福祉会が運営している保育園の手洗い場は蛇口が8つですが・・・
「ちょっと少ない・・・1クラス30人が3交代で使えるくらい欲しい」と園長。

そこで、今回は11口の蛇口+飲料用1口の計12口を設けます。
必要な手洗い場の長さは約6.2m!しかも曲線にする必要があります。

素材について頭を悩ませました結果・・・設計図には「人造研ぎ出し仕上げ」と表記しました。

「人造研ぎ出し仕上げ」とは、種石を混ぜたセメントで整形し、その表面を削って石の断面をあらわす左官技法です。

以前は一般的に使われた工法ですが・・・
「年月が経つとひびが入って、そこから水が漏ったりするよね・・・
それに見た目も、もっときれいにしたいなぁ」と園長。

確かに、建設会社が用意した種石はグレーや茶色など・・・こども園としては渋すぎます。
さらに、現在では施工できる職人が少なく・・・建設会社は及び腰です。

 

ならば!と新たな左官材を検討しました。

候補に挙げたのは「モールテックス」・・・
早速、リーダーの伊藤、伊藤絵美と共に、名古屋のショールームを訪ねました。

「モールテックス」はベルギー製の左官材で、曲げに強く、数ミリの塗厚で表面強度はコンクリート同等、水を通さない素材だとか。

洗面台やキッチン、浴室の内装にも使用可能!で、色彩も自由自在です。




ショールームで「モールテックス」を塗った洗面台を見せてもらいましたが・・・使えそうです!

ところが、「モールテックス」と一緒に展示されていた左官材に目が釘付けに・・・
その名は「ビールストーン」




「モールテックス」の姉妹品で・・・
「人造研ぎ出し仕上げ」のように、石やガラス片等を混ぜ込み削りだす仕上げ材です。

素地の色は自由で、サンダーで削れるものなら何でも混ぜ込むことができます。
ガラス片を入れた展示品はカラフルで、こども園にピッタリです。

サンプルを用意してもらい・・・さっそく園長にご提案することにしました!

記事一覧