日本独特の「木」の建設、感性を継承したい。日本独特の「木」の建設、感性を継承したい。
日本は現在でも、国土の6割以上が森林に覆われた木の国です。
日本人は長く、木で建物を造り、木に囲まれる生活を楽しんできました。
そして、緑豊かな環境の中で、繊細な感性を育んできました。
ところが・・・戦後の日本は、経済発展を望むあまり、自分たちの宝物を見失ってしまいました。もったいないことです。
手遅れにならないうちに、「和の感性」に溢れた木の建築をどんどん造り、後世に継承し、世界に発信していきませんか。
世界に発信できる「和」の感性を実現する設計事務所。世界に発信できる「和」の感性を実現する設計事務所。
日本の山は、木材として活用できる樹木に覆われているのに、大工がいない。
特に関東では、余程探さないと見つからない。職人たちもどんどん減っています。しかし、今ならまだ間に合います。
「菅野企画と仕事がしたい」と大工や左官、建具、金属加工の職人が事務所を訪ねてきます。
「和風建築を設計したい」と若い設計士が集まっています。
菅野企画設計は日本の木と職人の技術で、世界に誇れる「和の感性」を実現します。
菅野企画設計は、日本の「木」をふんだんに使い
「匠」が造る「和」のデザインが得意です。
寺院・和風住宅・古民家再生・和風店舗の設計と工事監理まで、
菅野良司と10人のスタッフによる設計事務所です。