設計行脚設計行脚

2019.9.17

静岡県の日蓮宗寺院。客殿・庫裡建替えマスタープラン完成(伊藤絵)

2019.9.17

Category: 客殿・庫裡新築

静岡県の日蓮宗寺院で進めていた、客殿・庫裡建替えのマスタープランが完成しました。

既存の客殿と庫裡を解体撤去し、その場所に建て替える計画です。

木造2階建て、床面積は約432㎡で・・・
1階にお寺の施設と住職宅、2階には副住職宅を配置します。




△玄関ホールのパース

このお寺では、5軒の法事が重なることがあるそうです。
「玄関の近くに、待合いスペースを設けてください」そこで・・・

玄関ホールを約35帖確保し、和風旅館のロビーのような待合スペースをデザインしました。
見通しがよく、大きなガラス窓からは中庭の景色を楽します。

また、天井は屋根の形状を活かし、竿縁をあしらった勾配天井です。

「とてもいい感じですねえ」
打ち合わせに加わった総代長も気に入ってくれました。

設計図では説明不足になりがちなことも、内観パースをお見せすれば・・・
お客様に納得していただいたうえでデザインを進めることができます。

また、内観パースを見ることでイメージが広がるため、お客様から新たな要望も出てきます。
そのひとつひとつを間取りやインテリアに活かしていくことで、より魅力的なマスタープランが出来上がります。

 

間取りの打ち合わせを進めながら、外観も検討します。

「本堂にマッチした和風の外観にしてください」

弊社設計の実例写真をアイパッドでいろいろお見せしていると・・・
「このお寺の玄関のデザインがすっきりしていて、いいじゃないですか」

住職と総代長の意見が一致したのは・・・和歌山県有田市の心光寺の玄関でした。




外観パースは、下書きをコンピューターで描き、ペンタブレットで清書しました。

計画建物の詳細だけでなく、本堂や東門、日蓮聖人の御立像なども描きこみ・・・
お客様がより完成の姿をイメージしやすいように仕上げました。




間取りと外観が固まったところで、模型を制作しました。
模型を作ることで・・・



パースと同じアングルで見てみたり・・・


全体を俯瞰してみたり・・・


道路からの見え方を検証したり・・・

その他にも、境内に建つ他の伽藍との位置関係、大きさの比較など、多方面の検証が可能です。


工事費の概算をお持ちし、住職と総代長の了解をいただいたので・・・

これから、役員の皆様への説明会に臨みます。

記事一覧