設計日和 菅野企画設計の「和」「木」「匠」情報

設計日和 菅野企画設計の「和」「木」「匠」情報

鉄骨造やRC造の建物を安全に設計するために、ボーリング調査(川島)

2018.02.20  Category: 寺院和風

名古屋市で鉄骨造、三重県で鉄筋コンクリート造(以下、RC造)の和風建築を設計しています。

間取りや外観などを決める基本設計がほぼ完了し、建物の位置・規模が決まると・・・
"地盤調査"を行います。

鉄骨造・RC造の建物は木造と比べて重いため、"地盤調査"の方法も変える必要があります。

木造の建物の場合は一般的に、調査費用が安く、調査期間も短い、スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)を行いますが・・・
鉄骨造・RC造の場合は、ボーリング標準貫入試験(ボーリング調査)を行います。

ボーリング調査とは…
63.5kgのおもりを75cmの高さから落下させて、サンプラーを土中に30cm貫入させるのに要する打撃回数を測定する試験です。




孔を掘削しながら、1mごとに地盤の硬さを測定し、土質サンプルを採取していきます。



スウェーデン式サウンディング試験との大きな違いは、

①深い地層でも、硬い地層でも掘り進むことができること。
②地盤の安定性を推定することのできるN値を正確に測れること。
③液状化判定ができること。

建物を建てる位置でボーリング調査をすると・・・
地盤の強さや地層を正確に知った上で、

地盤改良でいいのか?
杭を打つ必要があるのか?を判断することができます。





ボーリング調査は時間と費用を要しますが・・・

鉄骨造やRC造など重い建物を安全に設計するためには、とても大事な調査です。