設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

名古屋市で高気密高断熱住宅新築。気密シート検査で性能を確保(伊藤絵)

2018.12.11  Category: 和の家(新築住宅)


名古屋市で木造二階建ての和風住宅を新築中です。
工事は一宮市の(株)賀真田工務店にお願いしています。

現在、外壁のサイディング貼、タイル貼が終了し、吹付塗装を待つのみとなりました。
屋内では、断熱材の充てん、気密シート貼りが終わり、造作工事に入ります。

その前に・・・現場監督立ち合いの下、気密シートの検査を行いました。

現場は一面のグリーン!!




緑色のビニールシートは・・・
高気密高断熱住宅を造るうえで欠かせない「気密シート」です。

「気密シート」の主な役目は2つ。
①建物の全周をぐるっとラッピングすることで外気の侵入、つまり、隙間風を防ぎます。
②室内の湿気が壁内部へ侵入することで生じる、「内部結露」を防ぎます。

特に、グラスウール断熱材にとって湿気は大敵。
「内部結露」が生じると、断熱性能が落ちるだけでなく、カビ発生の原因にもなるので・・・
気密シートを隙間なく張る作業は、とっても重要です。

そのため、現場での確認は入念に行います。


外壁の室内側にコンセントボックスを設ける場合も・・・
気密シートに隙間ができないように、専用の部材を使って施工します。



↑白色のトレイの様なものが、コンセント用の気密部材

また、窓枠など開口部周辺もチェックポイントです。

気密シートが隙間なく、しっかりと気密テープでふさがれていることを確認しました。



↑見えにくいですが・・・木部にはぐるりと、透明の気密テープが貼られています。

気密シートは、端部を気密テープで木に貼りつけるか、
シート同士を気密テープで貼り合わせることで、性能を発揮します。

建物全体をぐるりと確認し、気になる点の修正を指示して気密シートの検査は終了しました。

内装工事が進むと見えなくなってしまうところなので・・・
見逃しが無いように、細心の注意を払って検査を行いました。