設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

お寺の住職家族の住宅新築。「クロスはおまかせ」に奮闘中!(長岡)

2018.10.16  Category: 知って得する和の技

現在、千葉市で臨済宗寺院の庫裡(住職家族の住まい)新築工事が進んでいます。


△新築工事中の庫裡

そろそろ部屋の壁のクロスを決める段階になったので、見本帳をお客様にお渡しすると・・・

「こんなにたくさんの中から選ぶなんて、私できません。おまかせするので、提案してもらえませんか」と奥様。ワクワクする反面、とっても悩むミッションが始まりました。

 

メーカーの見本帳を開くと、
色・柄・凹凸・触りごこち・・・等、様々な種類のクロスが紹介されています。

見た目は凹凸がありそうなのに、触るとツルツル平坦なもの・・・
光の当たる角度によって、陰影が強くでるもの・・・
じっと見ていると、ぱっと見の印象とはまた違う表情を魅せるクロスもあり、飽きません。



△クロス見本帳

先ずは、建物の間取りからインテリアをイメージし・・・
見本帳の中から、気になるクロスを選び、サンプルを取り寄せます。

見本帳には約8㎝角のクロスが張られていますが、サンプルはA4サイズで届きます。
見本帳では魅力を感じなかったのに、参考程度に取り寄せた商品が意外とイメージにぴっだりだったり!
逆も然り・・と面白い現象も起きます。


△サンプルはA4サイズ

色や柄、素材感の違いだけでなく、性能でもクロスの使い分けができます!
防水・防汚効果
消臭機能
調湿機能
アレルギー抑制
等、様々な性能のクロスが日々開発されています。

部屋の用途、広さ、明るさなどを考慮しながら、クロスの色や柄・素材・性能を選んでいくと、その選択肢は無限に広がっていきます。悩むことの多い作業ですが、私はクロス選びがとても好きです。

 

クロスは日々開発が進んでいて、どんどん新しい商品が出てきます。

新技術や新商品にもアンテナを張って、お客様への提案に活かしていこうと思っています!