設計行脚設計行脚

2020.4.21

愛知県の浄土宗寺院、壇信徒会館の実施設計が着々と進行中!(長岡)

2020.4.21

Category: 客殿・庫裡新築

愛知県の浄土宗寺院で、檀信徒会館の実施設計が着々と進行中です!

今回の敷地は、西側を本堂、東側を客殿に挟まれています。
そのため、両側の建物の屋根に干渉しないようにデザインしなくてはいけません!

当初の計画では、両側の屋根を意識して、
緩勾配でシンプルな切妻の屋根を計画していました。



△当初の屋根形状

模型を作ってみると、
「なんだか今一つ・・・」という意見が!

そこで第二案を検討した結果、ハイサイド窓を設置した形状に!



△第二案の模型

屋根に変化が出たことで、
両側を建物に囲まれていても、存在感のある外観となりました。

また、ハイサイド窓を設置したことで、室内がより明るく魅力的になりました!

建物は木造平屋建て、床面積は約90㎡と小振りですが・・・
檀家の皆さんが談話できるスペース、車いすでも本堂に上がれるスロープ、中庭を楽しめる和室などなど、
アイデアと見所が盛りだくさんです。


△内観イメージ

間取りと外観がほぼ固まり、設計はいよいよ大詰めです。

記事一覧