完成ギャラリー

木造伽藍木造伽藍

圓通福祉会 幼保連携型認定こども園 「広瀬こども園」 新築工事

2018年6月、設計事務所4社によるプロポーザルコンペが行われ、設計担当に選ばれました。菅野企画設計だけが木造の提案だったそうです。

喜びも束の間、国と市の補助金事業ならではの膨大な作業が襲ってきました。
建築の設計だけでなく、役所へ提出する書類の作成、積算作業を進め・・・
2019年2月の入札で、コスモ建設が予算内で落札。この間、たったの8か月!冷や冷やしましたが、予定通り工事を始めることができました。

完成した園舎は「クジラのお腹」の遊戯室、遊び場にもなる廊下、洞窟や窪みもある絵本コーナー、開放すると168帖大の遊戯室としても使える4歳、5歳児室、園舎を囲む木のテラス、感触を刺激する枝つき丸太、自然素材の仕上げなどなど、楽しい仕掛けが満載です。

尚、新築に当たっては、以下の補助金を受けることができました。
〇幼稚園機能部: 認定こども園施設整備交付金(文部科学省及び磐田市)
〇保育園機能部: 保育所等整備交付金(厚生労働省及び磐田市)
〇磐田市の単独助成金
  • ■静岡県磐田市
  • ■施工/コスモ建設株式会社
  • ■木造準耐火
  • ■床面積/約1273㎡
  • ■2020年3月竣工
  • 広瀬こども園はのどかな田園地帯に建っています。約2687㎡の敷地を有効活用し、園舎を園庭がL形に囲む配置です。
  • 2歳、3歳、4歳、5歳児室は杉と桧をふんだんに使ったテラス越しに園庭に面しています。 園庭には、木のブリッジ、築山も造りました。
  • 北側テラスに、高さ3.5mの枝つき丸柱を立てました。存在感抜群です。
  • テラスには15cm角の桧の柱が等間隔に並びます。床は3cm厚の桧節板、壁と天井は杉節板張りです。
  • 玄関で観音様がお出迎えします。右側の窓が事務室。廊下を右に進むとテラスへ。左は絵本コーナー、遊戯室につながっています。
  • 湾曲した廊下を利用して絵本コーナーを造りました。くぼみに座って本が読めます。壁の向こうに遊戯室が見えます。
  • 壁一面に本棚を造り付けました。その中に洞窟が!ここにも枝付きの丸柱。
  • 遊戯室の広さは約134㎡(81帖)、天井高は約6.5mです。屋根を支える構造材をクジラの肋骨に見立ててデザインしました。キャットウォークの手すりにはクジラの目?泡?
  • 4歳、5歳児室は遊戯室とワンルームにして使えます。その広さは168帖大!構造用集成材を使えば、木造でもこんな間取りが可能です。
  • 遊戯室と園児室境の可動間仕切りを閉めた状態。2階、縦格子の向こうが職員室です。遊戯室を見通すことができます。
  • 開放的な園児用便所。カラフルで遊び心が溢れています。洋便器のブースは木製で造りました。
  • 2歳児室の様子。園児室と便所が開放的につながっています。杉板を張った曲線の壁が楽し気です。
  • 2歳児用便所は、1歳児ほふく室にもつながっています。1歳児のおむつ置き場としても使います。
  • 廊下の壁が湾曲しています。だから、手洗いも曲線だらけ。職人の技で造りました。こども達にも手づくりの楽しさを感じてほしい。
  • 廊下も遊び場だ!幅が2.4mから1.6mに変化しながらテラスにつながっています。壁はすべすべのスタッコ仕上げ。園児室との境は強化ガラスを嵌めた見通しのいい引き戸です。

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る