旧家の古材を再利用 床や天井にこだわりの木材を使った和風住宅

愛知県
■木造2階建て
■敷地面積/510㎡(約154坪)
■延床面積/228.5㎡(約69坪)
「生まれ育った築80年の家を改修したいんです」
50歳代の男性が来社されました。

必要な部屋数や広さをお聞きし・・・
早速、現況調査と伝統木造工法の耐震診断を行いました。

その結果は・・・
“耐震補強工事は、かなり大掛かりになります。また、希望される間取りを実現するためには増築が必要ですが・・・建築基準法を叶えることは困難です”

報告から数か月後・・・
「川が近いから水害が怖いし・・・鴨居が低いのも気になる。家族で話し合った結果・・・建て替えようということになりました」

「ただ、この家の古材を再利用したいけど、ハウスメーカーでは無理でしょう?だから、菅野企画設計にお願いしたいと思います」と、うれしい言葉をいただきました。

 
「生まれ育った築80年の家を改修したいんです」
50歳代の男性が来社されました。

必要な部屋数や広さをお聞きし・・・
早速、現況調査と伝統木造工法の耐震診断を行いました。

その結果は・・・
“耐震補強工事は、かなり大掛かりになります。また、希望される間取りを実現するためには増築が必要ですが・・・建築基準法を叶えることは困難です”

報告から数か月後・・・
「川が近いから水害が怖いし・・・鴨居が低いのも気になる。家族で話し合った結果・・・建て替えようということになりました」

「ただ、この家の古材を再利用したいけど、ハウスメーカーでは無理でしょう?だから、菅野企画設計にお願いしたいと思います」と、うれしい言葉をいただきました。

 
玄関廻りは、銅板葺きの屋根を掛け廻した数寄屋風の佇まい。
銘木店で選んだ赤松の変木を飾り床の床柱に。ケヤキ無垢板の式台もご主人のセレクト。 床板は、今では貴重な本栂!
旧家の踏天井の板材は・・ 書斎兼応接間の天井板に再利用しました。
引き戸を閉めると、14帖のDKと10帖のリビングに仕切ることができます。
10帖のリビング。床は栗のフローリング、壁は漆喰塗。天井にはカンボジア松の板を張った個性的なインテリア。 建具を引き込めば、2間続きの和室がリビングの畳コーナーに。
8帖と6帖間の2間続きの和室。旧家の差鴨居、床の間の地板、仏間上の筬欄間を再利用。 6帖間の天井は葦貼の格天井。
広々とした洗面脱衣室には、たっぷり収納の洗面台を製作。
トイレの腰板に、チョウナ掛けの表面加工をした桧板貼。 壁は珪藻土、天井は桧上小節板貼。
階段の段板には桧板を使用。 壁は漆喰の塗壁に、天井は桧上小節板貼。

実績ギャラリー一覧へ