杉の下見板張り外壁、桧板張りの天井 明るくひろびろの和風住宅

愛知県
■木造2階建て
■延床面積/215.11㎡(約65坪)
お客様は50歳代のご夫婦です。
「息子が結婚することになったので、今まで住んでいた家は若夫婦に譲り・・・
私たちは隠居所を新築したいと思います」
隠居所とはいえ、年頃の長女、次女の部屋も必要とのこと。
「私たちと娘たちのライフスタイルは違うけれども・・・
お互いのプライバシーは保ちながら、家族が自然とリビングに集まるような。
孫ができたら、一緒に過ごせるような・・・そんな家にしてほしい」とご主人。

設計中や工事中の詳しいエピソードは「特集ページ」でご紹介しています。

 
お客様は50歳代のご夫婦です。
「息子が結婚することになったので、今まで住んでいた家は若夫婦に譲り・・・
私たちは隠居所を新築したいと思います」
隠居所とはいえ、年頃の長女、次女の部屋も必要とのこと。
「私たちと娘たちのライフスタイルは違うけれども・・・
お互いのプライバシーは保ちながら、家族が自然とリビングに集まるような。
孫ができたら、一緒に過ごせるような・・・そんな家にしてほしい」とご主人。

設計中や工事中の詳しいエピソードは「特集ページ」でご紹介しています。

 
和風玄関。外壁の腰板は、杉の下見板貼り、軒天は杉上小節板貼りで仕上げました。
敷地の中には、日本建築が何棟も並び、渡り廊下でつながっています。
30帖のLDK。リビングの向こうに、8畳の和室が続きます。南側の窓から明かい光が入ります。
どの個室へ行くにも、必ずリビングを通る間取りなので、家族とのコミュニケーションが自然に生まれます。
ダイニングは斜め天井で、杉の上小節板を張りました。
南の縁側に面した寝室。引き戸の和紙調ガラスと東の窓から柔らかい光が差し込みます。
各居室には、南側の窓から明るい光が差し込みます。床にはカバの無垢フローリング材を使用しました。

実績ギャラリー一覧へ