土壁の粘りで耐震補強

安城市 K様邸

■木造2階建て■築年数/約80年
■延床面積/237.88㎡(約72坪)

お客様は30歳代のご夫婦です。しっかりした古民家再生ができる設計事務所を探し・・・弊社スタッフの友人の建築士から紹介を受け、来社されました。
ご主人の生家は築80年の民家で、使用されている木材は質がよく、大工の技術も高く、保存状況も良好でした。
そこで、民家本来の土壁の粘りを耐震力として評価する「限界耐力計算法」による耐震補強をご提案しました。
今まで増改築を繰り返されてきたため、建物は複雑な構造に。そこで、合理的な構造に戻す減築をお薦めし、間取りを考えました。
工事途中に3つ子ちゃんが生まれ、急遽計画変更!というほほえましい話もありました。

■木造2階建て
■築年数/約80年
■延床面積/237.88㎡(約72坪)

2階の床を除去して、吹き抜け天井のリビングを造りました。
ステンレスキッチンは、味わいのある古材と相性がとてもいい。
通路の邪魔になる小屋丸太をカットして補強梁を施工。腕のいい大工だからできた仕事。

実績ギャラリー一覧へ