設計行脚設計行脚

2017.3.24

菅野企画設計の和風住宅は、無垢フローリングが標準仕様!(植松)

2017.3.24

Category: 和風住宅新築

弊社の住宅設計では、床の仕上げは、無垢フローリングが標準仕様となっています。
無垢フローリングとは、断面を見たときに単一の木材で作られたフローリングです。

対して、合板フローリング複合フローリングともいいます)というものがあります。
これは、複数の薄い合板を接着剤で貼り合わせ、表面に薄くスライスした天然木を張り付けたものです(基材は木のチップを固めたものもあります)。

無垢フローリングと比べ安価で、なかには耐水性に優れたもの、キズに強いものもあります。
しかし、自然の風合いが出にくいのが難点。


弊社では、木の温もりに包まれた生活をしていただきたい!との考えで、主要な部屋には無垢フローリング材を使用します。

 


↑事務所にはフローリング材のサンプルが沢山!

数ある樹種の中から、内装の雰囲気や部屋の用途、お客様の好み、ご予算を考慮し検討します。
お客様にご提案するときは、実際のフローリング材をご提示し、見て触っていただくことで、色合いや木のかたさ、温度を感じていただきます。



↑桧、杉、チーク、サクラ、ナラなど13種類のフローリングを張ったスペースもあるので、実際に、足でその違いを実感していただけます!

無垢フローリングってどんなもの?とお思いの方、ぜひ一度、事務所へ体感しにいらしてください!^^

記事一覧