設計行脚設計行脚

2016.9.27

和風住宅。障子のデザインを部屋ごとに変える(前嶋)

2016.9.27

Category: 知って得する和の技

岐阜市内で和風住宅を新築しています。

工事は終盤、引き渡しまであと少しとなりました。

 

そして・・・クリーニングが終わり、障子の建込。

 

「障子はインテリアのアクセントになるから・・・部屋ごとに変えたほうがいいかも?」

奥様の提案で、部屋ごとに障子のデザインを変えてみました。
 

△客室として使う和室の障子は、縦桟を強調したデザインです。

すっきりとしているだけでなく、ホコリがたまりにくいというメリットもあります。

 

△応接室の窓にも障子を嵌めました。

桟で曲線を描いて、遊び心のあるデザインです。

 

△玄関ホールは吹き抜けになっていて、2階の丸窓が見えます。

丸い木枠に嵌め込んだ角材と、透けて見える障子の桟が幾何学的な模様を描いています。

 

▽部屋側から見ると、こんな感じです。

 

障子のデザインは設計図で指示してありますが・・・

現場の定例会議でもう一度、検討し直しました。

 

「桟はもう少し細い方がいいんじゃない?」

「桟の角度を変えてみましょうよ?」

「丸枠は色を塗ったほうが見栄えがするんじゃない?」

お客様はもちろん、現場監督や建具屋さんも意見を出し合い・・・

楽しい打ち合わせになりました。

 

出来上がった障子をご覧になって・・・奥様も満足してくださった様子。

想いのたくさん詰まった家になりそうです。

記事一覧