設計行脚設計行脚

2017.2.20

住宅設計で照明のコーディネートも行います(平川)

2017.2.20

Category: 和風住宅新築

照明はインテリアの一部。部屋のデザインと一緒に考えたいですよね。

菅野企画設計なら、住宅設計の一部として、照明器具もコーディネートします。
もちろん、スイッチの位置もご希望どおり配置します。


間接照明でラインを強調

先ず、お客様の好みをお聞きして、プレゼンボードを作ります。
プレゼンボードというのは・・・部屋ごとに照明器具を選び、その写真を貼りつけます。
だから、どの部屋にどんな照明器具がつくのかが一目でわかります。

「この照明器具のデザインは好きじゃないわ」
「じゃあ、こんなのはどうですか」
「素敵ですね。でも、明るさは大丈夫」

例えば、リビングの明るさ(照度)の目安は200ルクス(lx)程度。
お客様が選んだ照明器具の光速をメーカーのカタログで調べて、明るさを計算します。

最近はLEDが主流になりましたが・・・光束で考えれば、明るさがわかります。
ちなみに光束の単位はルーメン(lm)です。


古民家にシャンデリア

また、光の色も大切な選択肢です。
室内には、昼光色より電球色(暖色系)を使うと、気持ちが断然落ち着きます。

光の色はケルビン(K)という単位で表し、2000ケルビンより500ケルビンの方が暖色系になります。
ただし、注意しなければならないのは、暖色系の灯りは暗く感じるので、少し照度(ルクス)を高く設計すること。
逆に、昼光色の光は、照度が低いと寂しい感じになりますので要注意です。

「照明器具はなくていい。ダウンライトだけで明るさを確保したい」
「ダイニングテーブルの上には北欧風のペンダントが欲しい」
 


ダウンライトだけですっきりと

菅野企画設計では、お客様のお好みに合わせて、照明をおしゃれにコーディネートいたします。
どんなご希望でもお申し付けください。

記事一覧