設計行脚設計行脚

2016.9.30

4タイプのキッチン 「我が家にぴったり」は?(伊藤絵)

2016.9.30

Category: 和風住宅新築

壁付、対面、アイランド・・・キッチンには、いろいろなスタイルがあります。
調理の仕方や片付け方、家族構成などで「我が家にぴったり」のキッチンは変わってきます。

弊社で設計したキッチンをお見せして、それぞれのメリット・デメリットを説明します。

①ハイバック式対面キッチン

こちらは、建築工事で造った腰壁にI型キッチンを取り付けたもの。

メリット:リビングダイニングにいる家族との一体感。物が散らばりがちな手元を隠せる。
デメリット:リビングダイニング側からのお手伝いがしにくい。


②フラット型対面キッチン


こちらは、すっきりとした造り付け家具のようなキッチン。

メリット:デザイン性に優れている。また、リビングダイニング側からお手伝いが出来る。
デメリット:後片付けを怠ると・・・ちょっと気になる。


③壁付けキッチン

こちらは、キッチンを壁で囲い、リビングダイニングから部屋としてはみ出させたもの。

メリット:キッチンが見通せないので、リビングダイニングのすっきりインテリアが可能。
     突然の来客の時は、ロールスクリーンを下ろして、キッチンを隠せる。
デメリット:リビングダイニングにいる家族との一体感がもうひとつ。


④壁づけ+作業台型

こちらは、キッチンを部屋として独立させ、作業台を設けたもの。

メリット:作業スペースが広く、家族や友人と料理を楽しむことができる。
デメリット:キッチンのために広いスペースが必要。

ちなみに作業台は、この事例のように設計して造れば、多機能でシステムキッチンより安価に仕上げることも可能です。

以上、4つのスタイルをご紹介しました!
「我が家にぴったり」のキッチンはありましたか?


このほかにもいろいろなスタイルのキッチンを設計しています。ぜひご相談ください。

記事一覧