設計行脚設計行脚

2016.11.22

犬山市のコンクリート造住宅、親夫婦宅を長男夫婦宅に(伊藤知)

2016.11.22

Category: 和風住宅新築

愛知県犬山市で、木造2階建て新築住宅が完成しました。
 
そのお客様から・・・
「私たち夫婦が住んでいた家を長男夫婦の新居にリフォームしてほしいんです。
コンクリートの家なんですが・・・どの部屋も狭く仕切られているし、寒い。
しかも、物入れが少ない。
できれば・・・今風の、おしゃれなリビングダイニングになれば最高です!」
 
早速現地を訪ね、お客様からお借りした設計図を見ながら、現況をチェックしました。



事務所に帰ってアイデアをまとめ、次のようなご提案をしました。

 ①構造的に必要がない壁を撤去し、26帖(18帖+8帖和室)のLDKを造る。

 ②壁付キッチンを、対面型に変更。

 ③断熱改修をした上で床暖房を新設。

 ④造り付け家具を新設して、収納力を増やす。 

「いいですね。その方向で進めてください」と、ご主人。

 

設計は順調に進み、工事が始まりました。施工は、新築住宅と同じく、郡上市に本社を構える澤崎建設にお願いしました。

ところが、内装を撤去してみると、

・お客様からお借りした設計図面では、木造の壁だったはずがコンクリートの壁・・・

・過去のリフォーム時に施工した、電線や水道管、配水管が天井や床下を縦横無尽に走っている・・
・修繕が必要なところが新たに見つかったり・・・


 

でも大丈夫!

現場監督や職人と相談しながら、ひとつひとつ解決していきました。


 

そして・・徐々に部屋の形が見えてきました。年内完成の予定です。

記事一覧