つかず離れずの二世帯住宅

一宮市 M様邸
■木造2階建て
■敷地面積/534.63㎡(約162坪)
■延床面積/277.74㎡(約84坪)
お客様は60歳代の親夫婦と30歳代の長男夫婦です。南と北側のふたつの道路に面した160坪の敷地に、二世帯住宅を造りました。つかず離れずの距離で暮らしたいというご希望だったので、水回りは別々、玄関も親宅は南側道路に面して設け、長男宅は北側です。ふたつの家は壁一枚でつながっています。

お客様は60歳代の親夫婦と30歳代の長男夫婦です。南と北側のふたつの道路に面した160坪の敷地に、二世帯住宅を造りました。つかず離れずの距離で暮らしたいというご希望だったので、水回りは別々、玄関も親宅は南側道路に面して設け、長男宅は北側です。ふたつの家は壁一枚でつながっています。
ご長男は建築の専門家。地域の木材をふんだんに使った、地産地消の設計を望まれました。
親世帯のリビングは洋風。キッチン前のカウンターは、旧宅の構造材を再利用しました。
仏間の腰障子の板は、旧宅の欄間を再利用。お父様がとても喜んでくれました。

実績ギャラリー一覧へ