旧宅の古材を新築に再利用

各務原市 K様邸
■木造2階建て
■敷地面積/636.09㎡(約192坪)
■延床面積/242.57㎡(約73坪)
お客様は60歳代と20歳代のご夫婦。「両親と同居しようと思うんですが、平屋建て住宅を2階建てに増改築できませんか」というご相談を受け、早速建物の調査を行いました。調査結果を検討した結果、安全な2階建てにするためには、新築するより多額の費用が必要。お客様に伝えると、増改築から新築に方針転換。「ただ・・・この家には愛着があるから、できるだけ木材を再利用してほしい」お客様家族の強い想いに共感し、設計を進めました。優秀な大工にも恵まれ、随所に古材が顔を出す、オリジナリティあふれる家になりました。
お客様は60歳代と20歳代のご夫婦。「両親と同居しようと思うんですが、平屋建て住宅を2階建てに増改築できませんか」というご相談を受け、早速建物の調査を行いました。調査結果を検討した結果、安全な2階建てにするためには、新築するより多額の費用が必要。お客様に伝えると、増改築から新築に方針転換。「ただ・・・この家には愛着があるから、できるだけ木材を再利用してほしい」お客様家族の強い想いに共感し、設計を進めました。優秀な大工にも恵まれ、随所に古材が顔を出す、オリジナリティあふれる家になりました。
天井には解体した住宅の小屋丸太。子供たちのお父さんの成長も見守ってきた古材です。
洗面のカウンターは、ノタ付の厚板に白い洗面ボウルを載せました。
ここにも古材が!旧宅の柱や差し鴨居を再利用しました。ただ、古材の柱には荷をかけない設計です。

実績ギャラリー一覧へ