大広間大広間

61畳の大広間です。天井は折り上げの変形格天井で仕上げました。高さは折り上げ部分で3.3mです。可動間仕切りで3部屋に仕切ることができます。
42畳の大広間です。天井は変形竿縁天井、埋め込み照明の間に透かし彫りを入れました。高さは3.15m、可動間仕切りで28畳と14畳に仕切ることができます。
10畳+8畳+8畳+6畳の田の字型和室です。部屋境の欄間には筬欄間(おさらんま)、梅と鶯をデザインした透かし彫り欄間を入れました。
15畳+10畳+10畳が真直につながる続きの間。部屋境は襖です。築200年の古民家を改築しました。吹き寄せの桟が美しい障子は再利用です。
18畳二間続きの和室です。本床、違い棚、付け書院、花頭枠の飾り棚のしつらえ。柱は桧の6寸角(約18cm角)、蟻長押の入った格の高い和室です。
51畳の大広間です。床の間の落し掛けは花頭枠、両脇は地袋と書院障子です。障子鴨居の束は、蟇股(かえるまた)の形にデザインしました。
28畳の大広間です。天井は変形の棹縁天井、折り上げで変化をつけました。照明は天井に埋め込みました。
68畳の大広間です。有名なお庭がガラス窓から望めます。可動間仕切りで二部屋に仕切ることができます。天井を大きく折り上げ、照明器具を埋め込みました。
37畳の大広間です。中庭側の畳廊下は配膳室につながっています。障子の下から中庭を楽しむことができます。
10畳と12.5畳の続きの間です。和室の外に14畳の板の間があり、開け放してワンルームで使うこともできます。

和の店TOPへ和の店TOPへ