和の店

和の店

菅野企画設計はここが違う菅野企画設計はここが違う

「和風」の本流は「数寄屋」ではなく、「寺院和風」だった菅野企画設計は「寺院和風」がデザインできる設計事務所です。「和風」の本流は「数寄屋」ではなく、「寺院和風」だった菅野企画設計は「寺院和風」がデザインできる設計事務所です。

「和風」の本流は「数寄屋」ではなく、
「寺院和風」だった
菅野企画設計は「寺院和風」が
デザインできる設計事務所です。
いつの間にか、建築の「和風」は「数寄屋風」と同意語になってしまいました。しかし、長く外国の要人をおもてなししてきた「和風」の多くは「寺院風」です。奈良ホテル、日光金谷ホテル、富士屋ホテル、蒲郡クラシックホテルはいうに及ばず、老舗料亭の大広間には格天井、花頭窓、斗組など「寺院風」のデザインが散りばめられています。ところが現在「寺院和風」がデザインできる設計事務所はほとんどありません。
細い柱や軽い屋根も素敵ですが、日本人以外で、その繊細さを理解できる人はいるのでしょうか。「寺院和風」は、もっと多くの人を魅了するデザインです。
細い柱や軽い屋根も素敵ですが、
日本人以外で、その繊細さを
理解できる人はいるのでしょうか。
「寺院和風」は、
もっと多くの人を魅了する
デザインです。
「数寄屋風」は、張りぼてでも造れますが、本物との区別がつきにくい。しかし、「寺院和風」には、本物だけが持つ重みと厚みがあります。
「数寄屋風」は、
張りぼてでも造れますが、
本物との区別がつきにくい。
しかし、「寺院和風」には、
本物だけが持つ
重みと厚みがあります。

「寺院和風」は、「特別な時間」を感じさせるデザインです菅野企画設計は、「特別な時間」がデザインできる設計事務所です。「寺院和風」は、「特別な時間」を感じさせるデザインです菅野企画設計は、「特別な時間」がデザインできる設計事務所です。

「寺院和風」は、「特別な時間」を
感じさせるデザインです
菅野企画設計は、「特別な時間」が
デザインできる設計事務所です。
生活の中に、「特別な時間」を織り込むと、余裕と彩りが生まれます。例えば、家の玄関、座敷に「寺院和風」を取りいれれば、格が上がり、家族に誇りと愛着が生まれます。旅館、ホテル、料亭、レストランに「寺院和風」が盛り込まれれば、旅行や外食をより「特別な時間」に変えてくれます。日本が古代から培った「寺院和風」は、あらゆる人の感性を刺激するかけがえのない宝物です。
最近は、セメント瓦を葺くことが多くなったと聞きます。安いから?軽いから?屋根に耐久性の低い建材を使うのは間違っています。
最近は、セメント瓦を葺くことが
多くなったと聞きます。
安いから?軽いから?
屋根に耐久性の低い建材を使うのは
間違っています。
壁に珪藻土を塗ると室内の空気が柔らかくなります。また、職人の手跡が残るような仕上げが人気です。
壁に珪藻土を塗ると
室内の空気が柔らかくなります。
また、職人の手跡が残るような
仕上げが人気です。

「こんなことできますか?そんなことができるんですか!?」菅野企画設計は、多彩な会社、アーティストにも支えられています。「こんなことできますか?そんなことができるんですか!?」菅野企画設計は、多彩な会社、アーティストにも支えられています。

「曲線を描く銘木で部屋を仕切りたい」「曲線を描く銘木で部屋を仕切りたい」

「曲線を描く銘木で部屋を仕切りたい」
「以前泊まった宿が忘れられなくてねえ」と、社長。その宿は、自然豊かな地に建っていて、本館と離れで構成されていたそうです。社長がお泊りになったのは、囲炉裏のある離れ。寝室との境が湾曲した木で仕切られていたそうです。
「ゲストハウスであの雰囲気を再現したいんです」というご希望を実現するべく、湾曲した丸太を探しました。実は、この丸太を組み込むのは難易度の高い仕事なのですが、大工と左官がきれいに仕上げてくれました。

「世界にひとつしかない欄間をデザイン」「世界にひとつしかない欄間をデザイン」

「世界にひとつしかない欄間をデザイン」
旅する人にとって、名所旧跡を訪ねることは大きな楽しみのひとつです。
そして、その夜の宿の欄間を見て「これは今日行ったお寺だね」なら、楽しい思い出がひとつ増えます。最近は、工芸品が芸術品から工業製品になってきました。手づくりの味が消えています。欄間のように何気なく見られるところに一工夫。ひとつひとつオリジナルでデザインして、職人に作ってもらいます。
銘木屋に注文した杉の柾板に透かし彫りなら費用も抑えられます。

「門扉の取っ手をブロンズ製の蓮に」「門扉の取っ手をブロンズ製の蓮に」

「門扉の取っ手をブロンズ製の蓮に」
「普通の門じゃつまらないなあ」というお客様のわがままにお付き合いして、知り合いの彫刻家に取っ手を作ってもらいました。素材はブロンズです。道路側の門扉は、蓮の葉から湾曲して伸びた茎が取っ手。そして庭側の取っ手は、蓮の葉の代わりに花弁が散った蓮の花です。鉄製の門扉も、切り刻んだ板をパッチワークのように溶接して、一枚に仕上げました。そして、門扉の両脇の壁には、池の波紋をイメージした刻みを入れた石を嵌め込みました。