設計日和 菅野企画設計の「和」「木」「匠」情報

設計日和 菅野企画設計の「和」「木」「匠」情報

畳の上でごろりが落ち着く!畳の使い方、楽しみ方をご紹介(伊藤絵)

2017.08.01  Category: 知って得する和の技

「やはり、畳の上でごろり…が一番落ち着く」

そういう方も多いのではないでしょうか?

しかし、写真のような本格的な和室を造るほど、スペースと予算に余裕がない・・・




そんな時は・・・!

リビングに畳コーナーを設けるのはいかがでしょう。

例え四畳半でも、多目的に使えます。小上りにして、変化をつけるのもお勧めです。



もちろん、リビングの床の一部を畳にするという手もあります。




寝室に畳ベッドを造り付けるのはいかがでしょう。
床との段差は引き出しにして、収納に利用するのもおすすめです。





もっと和風を楽しみたい!

そんな方には、玄関ホールを畳敷きにするのもおすすめです。
同時に、床の間を設えればお客様を最高のおもてなしでお迎えできます。




さらに最近では
畳表も昔ながらの井草だけでなく、和紙製もあります。
退色が少なく、長持ちするのでお勧めです。




和紙の畳は、カラーバリエーションが豊富!好みに合った色を選ぶことができます。
また、畳の縁も、色や柄の種類が豊富になっています。

もっともっと畳を楽しみませんか。