設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

設計日和 菅野企画設計の住まいのコラム

岐阜県加茂郡 緑豊かで広大な敷地に建つ和風二世帯住宅が完成!

2018.06.05  Category: 特集ページ

「長男夫婦と一緒に暮らす和風住宅を設計してください」60歳代のご夫婦が来社されました。

実は、ご主人は電気関係の会社を経営されており、25年前に、弊社の設計で本社が完成しています。

敷地を訪ねると、背後の里山まで続く広大な草原で、境界がどこか?判別がつかいほどでした。


施工は、岐阜県郡上市に本社を構える澤崎建設(株)一宮支店にお願いしました。
木材検査のため、加工場のある本社まで足を運びましたが、季節は冬…。
雪舞う中での検査となりましたが、桧をはじめ、大変上質な木材を揃えてくれました。




 

「雨の日でも、駐車場から濡れずに玄関に入れるようにしたい」

お客様の希望で、カーポートから玄関に続く、屋根付きのアプローチを造りました。




屋根付きアプローチの柱と梁は桧、垂木と野地板は杉。

さすが木の産地の工務店!
設計で指定した以上の品質の木材で造ってくれました。

化粧垂木には横50mm×縦75mm材を使い、骨太なデザインです。





玄関ホールは8.5帖ほどの広さ。
玄関収納を隣接したので、履物で雑然とすることなく、いつもすっきり!
土間は天然石乱張り、ホールにはチークのフローリングを張り、重厚な仕上がりになりました。





玄関脇に縁側付き8帖の仏間を配置しました。
真壁造りで、長押を回し、天井は杉板の羽重ね竿縁天井。伝統的な和風のデザインです。
雪見障子から、縁側越しにお庭を楽しめます。



床の設えは、
床柱はイチイの蝋引き(ろびき)、
床框はケヤキの春慶塗です。
間近で見ると、艶やかな漆から、ケヤキの杢目が透けて見えます。




玄関からLDKへ向かう廊下に面した手洗い。

設計では桧上小節板のカウンターでしたが、工務店に在庫があったのでケヤキに変更。
木の産地の工務店ならではです。

手洗いボウルの背面の壁は、汚れ防止のためモザイクタイル貼。





33帖のLDK。二世帯が集うスペースです。

床にはクリのフローリングを張りました。
天井は、リビング部分だけ15cm高くして、桧の上小節板を張りました。
床暖房が入っているため、冬でも足元はじんわり暖かです。




LDKの南西、ダイニングに隣接して6帖の畳スペースを設けました。
30cmの小上がりになっており、掘りコタツを設置。

「ソファーより、ここに集まってしまうんですよ(笑)」は奥様。

ダイニング境のカウンター収納は、両面から使えます。
東側の窓が額縁となり、鮮やかな緑がまるで絵画のようです。