設計日和 菅野企画設計の「和」「木」「匠」情報

設計日和 菅野企画設計の「和」「木」「匠」情報

名古屋市で住宅を新築。「外観は和風で、室内は洋風に」(大江)

2018.05.29  Category: 和の家(新築住宅)

2015年、50歳代の男性から、歴史を重ねた和風住宅の耐震改修のご相談を受けました。

早速菅野が、名古屋市内の現地に伺いましたが・・・
傷みが激しいため、改修できる状態ではないと、お伝えしました。

しばらく時間が経ち・・・
「家を建て直すことにしましたので、相談にのってください」
今年2月、ご連絡をいただき、新築計画がスタートしました。

 
海外での生活が長かったご夫婦の希望は・・・

「外観は和風で、内部は洋風がいいです。せっかく建てるのなら、日本の伝統を生かした木造がいいです。ただ、室内はパーティも楽しめるような、開放的な間取りが望みです」
しかし・・・
「いまいちイメージが湧かないわ(笑)」は、サブリーダーの福田。

そこで、部屋の輪郭をパースを描いてみました。

「玄関ホール兼ラウンジは、奥行きの割に幅が狭くて・・・ただの廊下みたいですよ」


△玄関ホール兼ラウンジのインテリアパース

「やっぱりそうだよね・・・。じゃあ、短手方向に構造梁を渡して、インテリアに活かしてみようか」と福田。

なるほど、いい感じになりました。


フローリングは、花梨がお好みとお聞きしたので・・・建具や梁をダークな色調でコーディネートしてみました。

パースを描くと、他チームのメンバーからも意見が出てきます。

「フローリングもダークな色合いがいいんじゃない?」
「なんか狭く見える・・・。ひと工夫がほしいね」

そんな意見を参考にしながら、修正を重ねました。


次はLDKのインテリアパースを描きました。


△LDKのインテリアパース

「LEDのダウンライトは、ちょっとまぶしいよね。間接照明で、落ち着きのある雰囲気にしたいね」

「廊下との間仕切りはシンプルなたて格子にしよう」


試行錯誤の末、完成したインテリアパースを打合せにお持ちしました。

お客様の反応はまずまず。

これからも、こういった検討を重ねながら、設計を進めていきます。