納骨堂、山門、鐘楼など

浄土真宗本願寺派 正光寺 山門 新築工事 大阪府岸和田市
柱間が2.7m、本瓦葺きの薬医門です。本堂を新築するため、旧山門を移設する必要に迫られました。そこで、一旦解体し、修理の上、本堂完成後に建て直すことに。ところが解体してみると、材の痛みが予想以上に進んでいるが判明し、新築になりました。
  • ■木造平屋建て
  • ■2016年10月竣工
  • 屋根は本瓦葺きで降り棟付きです。親柱は24cm×33cmの桧。門扉は米ヒバで造りました。
  • 屋根勾配は引きとおしで6寸5分です。
  • 本堂と調和したデザインです。
  • 懸魚、笈形はオリジナルでデザインしました。
  • 虹梁の唐草、木鼻はオリジナルでデザインしました。
  • 大阪府泉南市の平村建設(株)の工場で、原寸検査を行いました。
  • 脚立の上から原寸図を眺め、破風と屋根の形状を確認、修正しました。
  • 旧山門は6本柱で急こう配の切妻屋根。お寺の山門としては独創的な外観でした。
  • 山門の下には鉄筋コンクリート造の基礎を造りました。
  • 袖塀は、鉄筋コンクリート造で造り、仕上げは本堂外壁と統一しました。
  • 建設委員の皆様と木材の検査をしました。

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る