木造伽藍

浄土真宗本願寺派 真龍寺全伽藍新築工事(工事中) 東京都練馬区
木造の御本堂を提案すると・・・「木造でできるんですか!」と住職。
役員の皆様からも「東京で木造の本堂ができるなんて、うれしいわ」という声が。

「日本の山には今、江戸時代より木が茂っているんです。お寺で使うような桧も容易に手に入ります」
お寺の皆さんが危惧した工事費も納得の額に納まり、只今、工事が進行中です。
 
  • ■木造2階建て
  • ■床面積/497㎡
  • 全伽藍を使いやすくコンパクトに収めました。メリハリのあるデザインが工事予算を抑えるコツです。
  • 道路のセットバックや緑化面積の確保など、都会のお寺はクリアすべきことがたくさんあります。
  • 本堂は間口5間×奥行6.5間の広さ。長方形の間取りを入母屋造り平入りに収めました。

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る