完成ギャラリー

納骨堂、山門、鐘楼など納骨堂、山門、鐘楼など

真宗大谷派 大應寺 納骨堂  愛知県名古屋市
名古屋市内で納骨堂を新築する場合は、建物を耐火構造にして、他の伽藍とは別棟にすることが必要です。
このお寺の納骨堂は、屋外階段を登った左側に配置されています。屋外階段から直接入れるため、別棟とみなされた一例です。
但し、納骨堂部分だけは鉄筋コンクリート造の床、壁、屋根で囲まれています。敷地が限られている場合は、こんな工夫をして、境内の有効活用を図ることも可能です。
  • ■鉄骨造
  • ■2010年竣工
  • 屋外階段は合掌をイメージした屋根の中に納まっています。頭上には釈迦仏の座像を嵌め込みました
  • 鉄製のロッカー型納骨壇です。鉄製は自由な着色が可能です
  • 納骨堂の中央に丸窓を開け、その前に阿弥陀仏を祀りました

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る