納骨堂、山門、鐘楼など

曹洞宗 仙壽寺  山門・塀 愛知県瀬戸市
以前境内は生垣で囲われていました。「どこかしまらない感じがするので…。」と門と塀の新築を相談されました。
山門は薬医門がご希望。しかし、新築された門の写真を見たり、見学もさせてもらいましたが…「力強い感じの門が欲しい」という住職の思いとは少し違う。そこで、オリジナルなデザインをご提案しました。
  • ■2005年8月竣工
  • 間口は3.3mで、親柱は桧の24cm×33cmです。本瓦葺きで下り棟がない、スッキリしたデザインです。
  • 袖塀は、鉄筋コンクリート造の壁の上に木造屋根を載せるデザイン。黒いスリットを2本あしらい、腰には御影石を張りました。
  • 切妻屋根の破風と袖塀の屋根がリズミカルに並んで見えます。
  • バスで境内へお入りいただく際の門を造りました。石貼りの柱の上に木造の屋根を載せました。柱の真ん中に照明を仕込んであるので、夜になると、ガラス越しに光が漏れ、寺名が浮かび上がります。
  • 設計図に基づき、八野棟梁に原寸図を描いてもらいました。意見を出し合い、屋根の形や軒の反りを決めました。
  • 住職に、岐阜県中津川市の中島工務店の工場へ足を運んでもらい、木材検査を行いました。
  • 袖塀の鉄筋検査、コンクリートの受け入れ検査を行いました。
  • 袖塀は鉄筋コンクリート造です。この上に、木製の屋根を造りました。
  • 袖塀の腰には、御影石を貼りました。ふたつのサンプルを提出し、左側の石が選ばれました。
  • 木鼻、唐草、笈形、懸魚など彫刻類の絵様はオリジナルでデザインしました。
  • 桧や米ヒバをふんだんに使い、組み上げました。
  • 垂木の間に、板を立て張りしました。
  • 笈形には、桐の透かし彫りを入れました。

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る