お客様の声 〈ご住職に聞く〉

伝統とモダンが調和した伽藍。コミュニケーションが生まれる場になりました。

初めは、東京・埼玉の設計事務所を検討していたのですが、伝統的な寺社仏閣を設計しているような堅いイメージのところばかりで…。
伝統的な要素を取り入れながらも、幅広い世代が親しめるモダンなスタイルにしたいという私のイメージに合うところが見つかりませんでした。
しばらくして妻が、私たちの思いに近い設計事務所が愛知県にあることをインターネットで見つけて…。それが菅野企画設計でした。

埼玉県と愛知県では距離が遠いこともあり、相談をした当初は、迷いもあったのですが、話せば話すほど、知識の豊富さと提案の奥深さに驚かされ、不安は消えました。
また、設計を手がけられた寺社を見学させてもらってからは、期待が確信に変わりました。

菅野さんは、お寺ならではの言葉や事情も理解されており、打ち合わせはスムーズに進みました。
さらに、提案は型にはまった伝統的なスタイルだけでなく、自由で斬新なアイデアが出せる素晴しい人物だと感じました。
また、菅野さんだけではなく、スタッフのレベルが高いこともすぐに分かりました。
担当の野村さんも、私のイメージを素早く汲み取り、その提案の完成度には驚かされました。

菅野企画設計を選ぶ重要なポイントにもなったのは、効果的に工事費を振り分け、徹底的に無駄を省くコスト面での工夫でした。
工事中は、現場監督との意思疎通もしっかり出来ていることが伝わってきたので、安心してお任せすることができました。

私の一番のお気に入りの場所は、45帖大の玄関ホールです。
通常は、各部屋を広くしようと考えますが、玄関ホールを大きくとり、どの部屋からもそこにつながる間取りになっています。
これによって、より一層の開放感と、ゆとりのある落ち着いた雰囲気を感じることができます。
実際に玄関ホールは、参拝者様の集まる場所になり、コミュニケーションが生まれる場にもなっています。


2階にある本堂は、浄土真宗の伝統的な間取りですが、天井は軒の垂木が室内へと連続するイメージが表現されていて、内陣へ向かう上昇感がデザインされています。

1階の配膳室は、料理教室での使用も考えた造りになっていますし、子供を預かるプレイルームは玄関ホールの南側、採光豊かな場所に配置されています。
お気に入りはまだまだありますが、菅野企画設計様に依頼して本当に満足しております。




 

浄土真宗本願寺派 光明寺
住職/石上 光鏡 様
埼玉県草加市

一覧に戻る