設計行脚設計行脚

2018.10.9

愛知県の浄土真宗寺院 築80年の庫裡を耐震改修。難工事も技と工夫で順調に

2018.10.9

Category: 耐震補強

今年の4月より、愛知県の浄土真宗 本願寺派寺院で、庫裡耐震改修工事が進んでいます。

建物は築80年で、床面積が約277㎡(84坪)、屋根は切妻のいぶし瓦葺き。2階の天井を低く抑えた、この地方独特の凸造りです。

工事は、江南市の(株)松井建築にお願いしています。

 
耐震診断・実施設計を進めながら、何度も現況を調査しました。

その結果、2階の隅柱の直下に柱がなかったり、梁の掛け方が不自然だったり、細い柱に鉄骨の補強梁が接続されていたり・・・構造的に危険な個所が見つかりました。

耐震改修工事では、先ずこういった危険を取り除いてから
、補強に移ります。

難しい施工が予想されたので、現場監督と工事手順を十分に検討してから現場に臨みました。
 
ところが、土葺きの屋根瓦を撤去してみると。。。早速、想定外が発生!

屋根の頂部が水平方向に湾曲しています。

棟瓦の天端が水平だったので、調査ではこの歪みに全く気付きませんでした。

小屋裏からその原因を探ってみましたが。。。
「大工が墨付けを間違えたのかもしれませんね」は松井建築の社長。

 
棟が歪んでいるのに、美しい屋根に仕上げた瓦葺き師の技術には感心するばかりですが。。。それは土葺きだからこそできること。

屋根を軽量化するため、瓦をビス止めする場合は、下地の歪みが仕上りに現れてしまい、職人技での修正は困難です。結局、新しい棟木に取り替えてから、野地を調整することになりました。

 
2階の隅柱直下に柱がないことと、梁を補強している鉄骨梁を支える柱が非常に細く、不安定!を解決する方法は?

①鉄筋コンクリート造の基礎を造る。
鉄骨梁を撤去し、丸太梁の交差部(2階隅柱の直下)を新しい柱で支える。
③新しい壁を設け、柱を補強する。
ことにしました。



おや?ここで「北風と太陽」みたいなことが。。。
 
新しい柱を建てるためには、コンクリートの基礎をつくる必要がある → しかし、基礎を作るためには周囲の柱・壁を解体する必要がある  しかし、柱・壁を解体すると丸太梁が落下するので、先に新しい柱を建てる必要がある → 新しい柱を建てるためには、コンクリートの基礎を。。。

これって、本当に出来るの?

 
 
この難問を松井建築は見事に解決!

写真の通り、基礎の上に柱が建ち、丸太梁を支えています。

しかし、さすがにこの時だけは「どうか地震が起きませんように」と祈るばかりでした。

この後、柱周辺の耐震壁を新設して。。。台風が到来する前には外壁を造ることができました。

11月の引渡しに向けて、あとひと頑張りです。

リーダー  伊藤知則

   

記事一覧