設計行脚

2017.11.14

岐阜県瑞浪市 臨済宗 旭王寺の大玄関、客殿庫裡新築 只今建て方中。

Category: 客殿・庫裡新築

岐阜県瑞浪市の臨済宗 旭王寺様の本堂が完成し・・・
引き続き、大玄関、客殿・庫裡の新築工事が進んでいます。

工事は、岐阜県中津川市の(株)中島工務店にお願いしています。


 
9月11日、中島工務店のプレカット工場にて、木材検査を行いました。

検査には、住職ご夫婦、建設委員の皆様にも立ち会っていただきました。

木材の材種、寸法、含水率等の確認はもちろん、化粧材の節や杢目の状態を見ながら、使用する位置、向きを決めていきました。

「この桧を書院の床柱にしましょう」
「待ってください。小さな節が混ざってはいるけど、こちらのほうが杢目が面白い」

そこで、その場で多数決!ところが見事に半々。


皆で話し合った結果は・・・
次第に面白い杢目に愛着が湧いてきた!ので、満場一致で後者に決定。

 
木材の検査が終わり、次はプレカット工場で木材を加工します。

その間に現場では、砕石パイルによる地盤改良工事と基礎工事を進めました。

現場にて、砕石パイルの載荷試験、鉄筋の配筋検査、コンクリート受入検査を行いました。

台風等の悪天候が続き、工事は若干遅れ気味ですが・・・余裕をもったスケジュールでスタートしているので、完成までには遅れも解消できそうです。

 
 
 
11月には天候も落ち着き・・・
いよいよ、6日から建て方を開始しました。

本堂を手がけてくれた大工が現場に再集結。手際よく作業が進んでいます。

現在は、屋根の下地を施工中。来年の春には完成する予定です。

「客殿庫裡新築の実感が湧いてきましたよ。完成が楽しみです」と、笑顔の住職ご夫婦です。


 
リーダー 伊藤知則