設計行脚

2017.10.3

千葉市の臨済宗 圓福寺 全伽藍新築。現場では基礎工事を開始。

Category: 本堂新築

千葉市の圓福寺全伽藍を新築します。

伽藍は鉄骨造2階建て、床面積は約954㎡(288坪)です。

本堂棟は平屋建て、広さは間口7.5間×奥行8.5間。伝統的な臨済宗本堂の間取りですが・・・参拝者が座る広縁(外陣)は39畳!と異例の広さです。

外観は伝統的な入母屋造り屋根で、向拝のない方丈造りです

客殿庫裡棟は鉄骨造2階建てで、シンプルな切妻屋根のデザイン。妻面にはお寺らしい装飾も施します

境内の整地、仮囲い等の仮設工事が完了し・・・いよいよ杭工事の始まりです。

杭打ち用の重機が搬入・設置されました。

長さ12mのコンクリート既成杭を合計57本打設します。

搬入された杭の長さと径、種類を現場で1本づつ確認しました。
 
杭工事着手前に試験堀を行い・・・
建物の支持地盤となる地層を確認します。

試験掘りで採取した土と、設計時に行ったボーリング調査時の土を比較しました。

その結果、支持地盤に設定した細砂層が確認されました。

併せて、地面を掘る重機のモーターにかかる電流を計測して、杭が支持地盤まで達していることを確認しました。

 
 
試験掘りは、建物の対角となる2カ所で行い、設計時のボーリング調査の結果と同じ地盤が確認されました。

これで、杭打ち工事に入ることができます。

杭打ち工事は約1週間を予定しています。

施工は、石川県能美市に本社を構える松浦建設(株)にお願いします。社長は構造1級建築士の資格を持つ、構造の専門家です。

この日も、自ら試験掘りに立ち会われました。


杭工事が終わると次は、鉄筋コンクリート造の基礎を造るため、掘削作業に取り掛かります。
しばらくは、地中の工事が続きます。
リーダー 東松泰志

記事一覧