設計行脚

2017.7.18

岐阜県瑞浪市 臨済宗 旭王寺の本堂新築工事が完成間近です

Category: 本堂新築

岐阜県瑞浪市 臨済宗  旭王寺様の本堂・位牌堂新築工事がほぼ完成し、引渡し間近です。

伽藍は鉄骨造平屋建て、床面積は約229㎡(69坪)です。
工事は、岐阜県中津川市に本社を置く(株)中島工務店にお願いしました。

 
鉄骨造の本堂ですが・・・
無垢の桧材をふんだんに使い、木造と見まごう仕上りです。

軒の出は2.1m。軒裏は化粧垂木の代わりに杉板を水平に張りました。コストを抑えるための工夫でしたが・・・

「この辺りは虫が多いから、掃除がし易くて・・・とても気に入っていますよ」と奥様。

軒先は鼻隠し板で納めました。伝統的な茅負と裏甲の納めではありませんが・・・おとなしくきれいな曲線を描き、お寺らしい屋根に仕上がりました。

こだわりの棟梁に感謝!です。

 
 
鉄骨造にしたため、本堂の中には全く柱がありません。
堂内は70畳のワンルームです。

天井の垂れ壁が大間、外陣、脇の間の結界になっています。

大間は格天井とし、4mの高さを確保しました。
脇の間と外陣は、天井高3.4m、杉杢合板の敷目板貼です。






 


 
 
本堂は、スライディングウォールで、18畳と52畳に仕切ることができます。

スライディングウォールは、必要な時だけ、収納から引き出します。

会議や会食、座禅会など多目的に利用することが可能です。
 
 
内陣の背後に約30帖の開山・位牌堂を設けました。

位牌壇は緩やかな曲線を描いています。

御開山をお祀りする部分には花頭枠を設えました。

位牌壇の増設スペースも確保しており、合わせて1000基の位牌を並べることができます。

 
 
 
7月5日、建築基準法の「完了検査」と「消防検査」を受け、合格!

これで、若干の手直し工事の後、お客様への引き渡しができます。
さらに、竣工写真を撮影すれば、無事、任務終了。。。。

いえ、実は、引き続き8月から2期工事。

本堂に隣接する既設客殿を解体撤去して、大玄関・客殿・庫裡新築工事が始まります。
まだまだ気が抜けません。
リーダー  伊藤知則

 

記事一覧