設計行脚設計行脚

2019.7.11

東京都練馬区の浄土真宗本願寺派 真龍寺全伽藍新築を完成ギャラリーにアップ

2019.7.11

Category: トピックス

境内は約922㎡(279坪)。住職が希望された5台分の駐車場を確保すると、残された敷地は約650㎡でした。

その中に、間口5間の本堂・テーブル席で60人収容の客殿・配膳室・寺務室など、お寺の施設を配置し・・・さらに、二世帯住宅を納めました。

「木造で設計しましょう」私の言葉に、
「本当にできるんですか!?」住職の驚いた顔が今でも目に浮かびます。

木材検査では「こんなにたくさんの木材を使ってもらえるなんて、本当にうれしい」と、役員の皆様。

上棟式では「本当に素晴らしい。いいものを見せてもらってありがとう」随喜寺院の皆様からは、お礼まで。

「やはり、都会に暮らしている人たちも木が好きなんだなあ。木造で設計してよかった」つくづく思いました。



詳しくはこちらをご覧ください。真龍寺
 

記事一覧