設計行脚設計行脚

2018.4.3

練馬区 浄土真宗 本願寺派 真龍寺様の伽藍整備工事が進んでいます

2018.4.3

Category: 本堂・客殿・庫裡 新築工事

真龍寺様の本堂、客殿、庫裡をすべて木造で新築します。

延べ面積は約500㎡。
【本堂】【客殿・庫裡】の2棟に分けて施工を進めています。

 
東京の現場では、【客殿・庫裡】基礎工事が完了し、建て方が始まりました。

定期的に現場へ行き、設計図だけでは伝わらないところは、現場で大工に直接説明し・・・

納まりが悪いところは、臨機応変!大工、現場監督と意見交換しながら、作業を進めています。

「お檀家の皆さんも、工事の様子を見に来てくれますよ。とても喜んでくださっています。」
とお庫裡様。責任の重さを感じます。
 
石川県の松浦建設の工場では、【本堂】の木材加工の真っ最中です。

棟梁の坂本さんを訪ねました。
工場には、破風板用に長さ6m×幅110cm×厚さ9cmの板が用意されていました。

棟梁と一緒に、木目の向きや節を気にしながら木取りを決めました。


また、監督も加わり、現場の道路事情を考慮しながら、木材の継ぎ手の位置や種類を決めたり、トラックの大きさ、搬入のタイミング等を話し合いました。

 
愛知県の菅野企画設計本社では、所長の菅野が【本堂】破風板に吊り下げる懸魚(げぎょ)の原寸図を描いています。

弊社では、虹梁(こうりょう)と同様、本堂一棟一棟ごとに、彫刻の図柄をオリジナルでデザインしています。

これは、彫刻も本堂のデザインの一部だと、考えているからです。

真龍寺本堂の懸魚は、三つ花蕪(みつはなかぶら)。鰭(ひれ)には、動きのある唐草をあしらいました。
 
【本堂】の建て方は、4月の下旬から始まります。
いよいよ伽藍の全容が目の前に現れる日が近づいてきました。

先ずは上棟式のお披露目に向けて、慎重に作業を進めていきます。
リーダー 前嶋英孝

        

記事一覧