設計行脚

2017.1.31

ドライブスルーの納骨堂があってもいい!?

Category: 只今設計中


納骨堂の設計を依頼されました。

「これからを考えて・・・車で気軽に立ち寄れるような納骨堂にしたい」と住職。
 
そこで・・・ボリューム模型を作り、お持ちしました。

境内の石垣を取り込むような回廊を造って・・・
その回廊を通って納骨堂にアプローチする。

日常から聖域に・・・
気持ちが切り替わるような参道を造ろうというアイデアです。

自家用車を回廊に横づけすれば、雨天でも濡れずに参拝できます。
 

「いいですね。大変気に入りました。」と住職。

「ただ、この地域は雪がよく降るので、積雪時の安全性と・・・夜のお参りがあると思うので、回廊の防犯性も考慮してもらえますか。」

ということで・・・納骨堂の内部空間にも、より工夫を盛り込んだ案を考えご提案。只今、検討打ち合わせ中です。
 
2012年、愛知県東浦町の浄土宗 善導寺様の十王堂・位牌堂が完成しました。

老朽化した伽藍の建替えです。

色々考えた結果・・・木造2階建てで、1階は位牌堂、2階に十王堂を配置。8角形平面のユニークなお堂になりました。

十王堂へは、本堂へ至るスロープ途中のブリッジを渡ってプローチします。
 
しかし・・・
「位牌堂は、駐車場から気軽にアクセスできるようにして下さい」と住職。

「鍵の開閉は電気錠にして、寺務室から遠隔操作できるように。日中は、常に開放しておきたいんです」

当時、住職のアイデアになるほどと思いました。

さらに・・・
「これからの時代は、ドライブスルーでもいいのかもしれないね」

 

最近、善導寺住職の考えが、ますます現実のものになってきたような気がしています。
リーダー 伊藤知則