設計行脚

2017.4.25

岐阜県瑞浪市 旭王寺の鉄骨造本堂。予算内で伝統的本堂に仕上げる工夫

Category: 本堂新築

瑞浪市 旭王寺様の、本堂・位牌堂(鉄骨造平屋建て、床面積229㎡)の新築工事が順調に進んでいます。

実は、ご相談をいただいたのは7年近く前のこと。
「ようやくここまでたどり着きました」と、住職は感慨深げです。
 
現在現場では、屋根瓦葺工事が完了し、内部の造作工事に取りかかっています。

境内は、丘陵地の中腹で湿度が高い場所にあるので・・・
「本堂の構造は、鉄骨造でお願いします」と住職。

「でも、外観は伝統的な木造本堂のようなデザインで、堂内には少しでも多く無垢材を使ってほしいんです」



 

 
着工前は、道路が狭い上に曲がり角が多かったので、工事車両の進入路が確保できませんでした。
そこで、建築工事に先立ち、造成・進入道路整備工事を行なう必要がありました。

限られた予算のなかで、造成工事や進入道路を整備した上で、住職の希望を叶える方法は?
常識にとらわれず、いろいろなアイデアをひねり出しました。
 
例えば、右の写真は・・・本堂の軒裏です。

裏甲の先端まで2.1mの軒裏を、杉の小節板を貼り上げました。とてもきれいな仕上りです。

通常の木造本堂の軒裏は、化粧垂木が並ぶのに・・・これでは、工事費は抑えられるとはいうものの、まるで住宅ような外観になってしまうのでは?

そこで、こんな工夫をしてみました。。。。
 
鼻隠しを茅負に見立てて、天端に反りをつける。また、裏甲の出隅も、通常より大きめの増しをとる。

これで、少し優しめの曲線ではありますが・・・お寺らしい軒ぞりができるはずです。

軒裏が水平な板張りなのに、お寺らしい軒反り!?

工事を担当している(株)中島工務店の加納棟梁も、設計意図をくみ取って・・・「やってみましょう!」

新しい方法に挑戦してくれました。果たして、その出来は?
 
外部足場が外れし、本堂の外観が姿を現しました。

「屋根の形、良いですね。」と住職も喜んでくれました。
「ありがとうございます。」
うまくいったようです!!

このあと、外壁の腰に桧板を貼り、浜縁を仕上げれば・・・
間違いなく、伝統的な木造本堂風の外観になるはずです。

本堂は7月完成の予定です。
リーダー 伊藤知則

 


 

2017.4.18

豊田市 真宗大谷派 明勝寺様の山門・鐘楼新築工事に着手

Category: 山門・鐘楼新築

愛知県豊田市 真宗大谷派 明勝寺様の伽藍整備工事が始まりました。

初めてお声かけいただいたのは、2014年7月でした。
区画整理事業により、境内の形状が変わるため、『山門』・『塀』・『鐘楼』『会館』の建て替えが必要になったとのことでした。

それから、すでに2年半。それぞれの設計を進めながら、区画整理事業の進捗を待っていましたが・・・
いよいよ『山門』・『塀』・『鐘楼』新築工事が始まりました。

 
既に、周辺の建物が取り壊され、埋蔵文化財の調査も進んでいます。

施工をお願いする(株)中島工務店の担当者と、現地で打合せを行いました。

しかし・・・「敷地境いの杭打ちは、しばらく先になります」と区画整理組合の担当者。そこで・・・

『目印でもいいので、位置が分かるようにしてもらえませんか?』とお願いしました。

 
3月8日、岐阜県中津川市 (株)中島工務店の工場で、木材検査を行いました。
「こんなに太い木材を使うのかね?」
「立派な桧だね!」
と住職、建設委員の皆様も喜んでくださった様子。

菅野が図面をお見せしながら、桧材と松材の使い分けを説明すると
「なるほど、適材適所ということですね」

 
4月4日、解体工事が始まりました。

先ず、鐘楼と塀を解体撤去します。お墓が近接して建っているので、慎重に作業を進めます。


解体が終了すると次は、鐘楼の基礎や基壇の工事を行います。

並行して、棟梁が屋根の反り、軒の反り、破風板の形状を縮尺1/1で描き、それをチェック、確認する作業を進めます。

『山門』・『塀』・『鐘楼』の完成は、11月末になる予定です。


まだ、時間に余裕があるようですが・・・ひとつひとつを丁寧に行う必要があるので、計画を立て、着々と作業を進めなければ間に合いません。

今後も、棟梁、監督と連絡を密にして作業を進めていきます。
                                    リーダー 前嶋英孝  

2017.4.11

静岡市 臨済宗 東向寺本堂耐震改修、5月完成に向けて

Category: 耐震補強

静岡市清水区 東向寺様の本堂耐震改修工事が順調に進んでいます。

昨年から始まった耐震改修工事は・・・
耐震補強と瓦から銅板への屋根葺き替え工事がほぼ完了。
現在は、大工が造作工事に取り組んでいます。
東向寺本堂の壁は当初より、土壁ではなく乾式のボード貼りでした。

そこで壁には、筋交いと構造用合板を使った耐震補強方法を採用しました。

また、梁と梁、梁と桁の仕口を強固にするため、鉄骨製の火打ち梁で補強しました。

この両方の補強で、垂直方向、水平方向の剛性がともに高くなり、耐震力が向上します

現況に合わせ、調整しながら・・・大工たちが筋交いや火打ち梁を取付けていきました。
 
耐震補強を終えた壁の上に、化粧の外壁を造ります。

化粧桁、束、舟肘木を取り付け、伝統的な木造本堂の姿を再現します。

化粧の外壁と言っても、桧の厚い板を使うので、とても重厚な仕上がりです。

また、宮大工が施工に当たっているので、伝統的な方法で納めていきます。
 
屋根は銅板の一文字葺きです。

大棟は・・・
箱棟と呼ばれる方法で造りました。これは、下地を大工が板で造り、シート防水を施工した上に、葺き師が銅板を巻いていきます。

現在は、箱棟の施工が完了し、大鬼の取付けを待っているところです。

大鬼は・・・
銅板葺き師が叩き出しと呼ばれる方法で製作中です。近日中に取付の予定です。
 

5月末の完成目指して急ピッチで工事が進んでいます。
リーダー 東松泰志