完成ギャラリー

納骨堂、山門、鐘楼など納骨堂、山門、鐘楼など

臨済宗 圓福寺 山門新築工事

圓福寺の前伽藍は、平成27年3月31日の火事で焼失しました。
しかし、その後時を待たず、住職と檀信徒が再建に取り組み、4年という短期間のうちに大事業を円成されました。
  • ■千葉県千葉市
  • ■木造
  • ■2018年12月竣工
  • 道路に面して薬医門を造りました。
  • 境内を最大限に有効活用する設計です。袖塀を最小限にして、山門の右側は駐車場、左側は車路。
  • 山門の向こうに、参道が続き、伝統的な外観の本堂が見通せます。
  • 山門は柱間は2.7m。親柱は36cm×34cmの桧です。
  • 柱の足元に立つ鬼。
  • 本堂側から見た山門。控え柱は18cm角の桧です。
  • 虹梁の唐草、木鼻、笈形など装飾彫刻はオリジナルでデザインしました。
  • 石川県能美市の松浦建設(株)まででかけ、木材検査を行いました。
  • 親柱、控え柱の下は鉄筋コンクリートで頑丈に固めました。
  • 工場で刻んだ木材を現場で、丁寧に組み立てました。

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る