完成ギャラリー

納骨堂、山門、鐘楼など納骨堂、山門、鐘楼など

浄土宗 善導寺 十王堂新築工事

善導寺は市街地を見降ろす高台に建っています。

この伽藍は、本堂へ至る斜面の途中に計画されました。床面積は約25坪。桧をふんだんに使った木造二階建てです。
1階が位牌堂で2階は十王堂。十王堂とは、死後の世界である冥府で亡者を裁く十王をお祀りするお堂です。
伽藍は八角形平面。それに伴いとてもユニークな外観になりました。
これは、位牌堂は時計回りにスムーズにお参りできるようにしたい、という住職のご要望から生まれました。
また、十王堂へは木の橋を渡って至るなど、見どころが多い伽藍になりました。


 
  • ■愛知県東浦町
  • ■木造2階建て
  • ■床面積/83.2㎡
  • ■2012年8月竣工

大きい写真にポインタをのせると白い矢印が出ます。クリックすると次の写真に移動できます。

小さい写真をクリックすると、該当写真が拡大写真として表記されます。

一覧に戻る