設計行脚設計行脚

2020.5.1

滋賀県長浜市 明楽寺の本堂耐震補強工事を完成ギャラリーにアップ

2020.5.1

Category: 耐震補強

明楽寺本堂は間口26m×奥行25mの大伽藍です。
屋根は入母屋造りの瓦葺きで、その面積は950㎡(270坪)を超えます。

しかも、築250年と伝わっています。柱や梁にはふんだんにケヤキが使われ、堂内の丸柱は直径49cm、一番大きな虹梁のせいは75cm、天井は5.8mと豪壮な造りです。



「インターネットでいろいろ調べましたが、この本堂の耐震補強を任せられるのは菅野さんしかおらんと思ったんです」住職と建設委員の皆様から大変光栄なお言葉をいただき、身の引き締まる思いで作業に着手しました。

詳しくは 明楽寺本堂耐震補強工事 
をご覧ください。

記事一覧