設計行脚設計行脚

2017.2.18

建て替えるべきか?改修すべきか?それが問題です(福田)

2017.2.18

Category: 古民家再生

住宅のご相談や資料請求の内、実は半数近くが、『古民家再生』や『リフォーム』に関するものです。
「住み慣れたわが家に住み続けたい。でも、耐震性が心配で…」と思われている方が多い証拠だと思います。

…とは言え、やはり気になるのは、工事費用のことですよね^^

一言に“改修”と言っても、内容はさまざまですが、間取りの変更、断熱改修、耐震改修、住宅設備の一新など、フル改修を決断すると、『一坪当たり50万円は必要!』というのが現実です。


 

↑築35年住宅の改修工事の様子。

「はたして、それだけのお金を掛ける価値があるのだろうか??」


そこで、わたしたちの出番です!

まずは、現況の写真をお見せください。ご希望なら、現地まで出かけます。
実際に建物を見てみたら、“柱や梁の傷みが激しい”とか、“建物の傾きが進んでいる”など、「新築以上に工事費が掛かりますよ」と、アドバイスすることもあります。


「それでも…!!」という最後の決め手は、“その建物に対する『愛着の大きさ』”だと思います。


建替えか、改修か…
迷われている方は、ぜひ一度、弊社へお問い合わせください。

豊かな経験を生かした視点で、アドバイスいたします!


↑築80年住宅の古民家再生


※この記事は2016年5月31日、旧ホームページの「楽しい家づくり」に掲載しました。
人気が高かった記事なので、転載いたします。

記事一覧